社員ブログ

压铸机械

北海道苫小牧市にあるグループ会社「ファームHFT」では、毎年9月にその年に作った野菜をみんなで収穫する「収穫祭」を開催しています。
昨年は開催の直前に北海道胆振東部地震が発生しやむなく中止となってしまったため、今年は2年ぶりの開催となりました。

震災という厳しい経験を乗り越えた今年は、その分の恵みが訪れたかのように豊作で、始まって以来一番の賑わいとなりました。
ファームHFT・関連企業の日本ニューホランド・芝本産業の従業員、地域の皆さん、そしてその家族など総勢150名が参加したこの収穫祭では、じゃがいも、かぼちゃ、枝豆、とうもろこし、ナス、きゅうり、にんじんなどを自由に好きなだけ採り、持ち帰れます。みんなこれでもかというほどの野菜を両手に抱え楽しんでおり、私も大好きな枝豆やトウモロコシを収穫できて大満足でした。

 

 

 

その後のバーベキューでは、もぎたての野菜を始め、北海道名物のジンギスカンやファームHFT産野菜で作ったカレー、手打ちの十割そばをみんなで美味しくいただきました。子供のころから何度となく食べてきたトウモロコシも、自分の手でもぎ北海道の青空の下で食べる味は、これまでにない美味しさでした!他にも、ジャイアントかぼちゃの重さ当てゲームや○×クイズなど、全員で楽しめるイベントも盛りだくさんで、終始笑顔の絶えない一日でした。
来年も、今年以上に賑やかで笑顔あふれる収穫祭が開催されることを今から楽しみにしています!

 

 

収穫祭に参加したことで改めて、食のありがたみや生産者の方への感謝の気持ちを忘れてはいけないと考えさせられました。
当社では毎年、春から秋にかけ数名ずつファームで行われる研修に参加していますが、研修生たちが丹精込めて育てた野菜を販売するということも行っています。
商社である当社では不慣れな点が多く苦労はありますが、愛情込めて作った美味しいジャガイモやかぼちゃをたくさんの方に食べて頂くために奮闘したいと思います!